一般歯科

予防歯科

「予防に勝る治療はない」。歯科医師として長年の経験を積み、数々の症例に向き合ってきたからこそ、そう言い切ることができます。

従来の歯科治療は、歯が悪くなったら削る・抜くことが当たり前で、予防の概念はあまり一般的ではありませんでした。しかし、削る・抜くことで失った歯は二度と自力で再生しません。

入れ歯や差し歯などに使われる素材は日々進化しており、現在では、ぱっと見ただけでは元の歯と区別がつかない精巧なものが数多く登場しています。しかし強度や機能において、天然の歯に勝るものはありません。

当院の診療は予防歯科を最も重視し、患者さま一人ひとりのお口の環境に合わせたオーダーメイドの予防治療を行なっております。これから予防に取り組みたい方は、まずは定期検診にお越し下さい。歯がきれいな方ほど、定期検診を活用しています。

また予防の一環として、噛み合わせの治療も実施しております。マウスピースを使った治療を基本に、噛み締める癖や食生活などを改善するアドバイスも致します。

当院の虫歯治療で心がけていること

当院の虫歯治療は「なるべく削らない」「痛みを少なく」「可能な限り温存する」の3点をポリシーに掲げております。

なるべく削らない

歯は一度削ってしまうとどうしても弱くなり、将来的には抜かなければならないリスクが高まります。「ドックスベストセメント」などの治療法で、できる限り元の歯を使い続けられる治療を心がけます。

痛みを少なく

表面麻酔の使用や麻酔注入時の痛みを軽減する電動麻酔器の導入など、痛みを少なくする治療に努めております。痛みの感じ方には個人差があり、少しでも痛みが苦手な方は無理に我慢する必要はありません。遠慮なくお申し付け下さい。

可能な限り温存する

歯の根っこの治療は、昔は歯科医師の勘によって手探りで行なわれていたため、失敗も多くありました。当院ではマイクロスコープを導入し、肉眼で見るよりも確実な治療で歯の寿命を延ばします。このように、病気になった歯でも抜かずに済む治療法を追求しております。

当院の虫歯治療の特徴

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントとは、歯をなるべく削らずに温存し、さらに歯の神経も抜かずに済む虫歯の治療法です。ミネラル成分で虫歯菌を殺菌して押さえ込み、歯を健康な状態へと導きます。

ある程度進行した虫歯でもほとんど痛みを伴わずに治療できるうえ、治療に必要な通院回数も少なくできるので、仕事などで多忙な方も取り組みやすい治療です。長期的な視点でも、削る量を抑えることで歯の寿命を延ばせるというメリットがあります。

ズキズキとした痛みを伴う虫歯の治療には使えないこともありますが、ドックスベストセメントにご興味のある方はまずは気軽にご相談下さい。

マイクロスコープ

人間の裸眼での二点識別域は0.2mmが限界と言われています。しかし、自由診療で行うような高度な治療においてはミクロン単位の正確さが要求されます。そのようなとき、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用し、肉眼の3~20倍に拡大した視野で治療を行うことで、より正確な作業が可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。
マイクロスコープを使用することにより、歯科医師の“経験”や“勘”だけに頼ってきた治療では不可能だった高度なレベルの治療を行うことができるようになります。

レーザー治療

・出血を抑えることが可能

歯茎や粘膜の治療で行われる歯茎の切開では、出血がほとんど抑えられるため、治療部位がしっかりと確認でき、正確な治療が期待できます。また、レーザー照射したことにより、術後の出血のリスクを低くすることができます。
歯茎に炎症を起こしている場合には、炎症を起こしている組織を高温で蒸発させて取り除いたり、緩和させることができるため、腫れや痛みを和らげることも可能です。


・不快感や痛みから開放

虫歯治療に適したレーザーでは、従来の治療で使用する機器とは違って歯を削るときの振動や削る音が無いため、少量の麻酔を使用するか、麻酔を使用せずに治療することができます。したがって、不快感を感じることなく、痛みの少ない治療を受けることができます。

根管治療

歯の根の治療である根管治療(歯内療法とも呼ばれます)は歯髄が炎症や感染を起こした時に必要になります。 原因は深い虫歯、歯の亀裂、外傷などです。炎症や感染をそのまま放置しておくと、 歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。 場合によってはリンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出ることもあります。 根管治療によって、これらの症状が軽減したり、治癒したり、予防できたりするのです。

虫歯の主な4つの原因

虫歯を作る4つの原因

  • 1.虫歯菌

    虫歯の直接的な原因。虫歯菌の出す酸が歯を溶かします。

  • 2.糖分

    虫歯菌の栄養源。歯を溶かす作用を加速させます。

  • 3.歯質

    歯質が弱いと虫歯になりやすい傾向があります。

  • 4.ブラッシングまでの時間

    食事からブラッシングまでの時間が長いほど虫歯リスクが高まります。

虫歯の進行段階と治療法

【C0】脱灰

症状:初期の虫歯。白濁が見られますが、痛みなどの自覚症状はありません。
治療法:ブラッシングの改善やフッ素塗布などで治癒することがあります。歯を削る必要はありません。

【C1】エナメル質の虫歯

症状:歯の一番外側にあるエナメル質の虫歯。痛みはあまりありません。
治療法:虫歯部分を削り、白いレジンという詰め物で治療します。

【C2】象牙質の虫歯

症状:虫歯がエナメル質の内側にある象牙質にまで達した状態。甘いものや冷たいものを口にすると痛みます。
治療法:症状によっては局所麻酔を行ない、詰め物などで治療を行ないます。

【C3】神経の虫歯

症状:虫歯が神経にまで達した状態。常に激しい痛みが伴います。
治療法:虫歯部分を削り、根管治療を行なってクラウン(被せ物)で保護します。

【C4】末期の虫歯

症状:虫歯が歯根にまで達した状態です。神経が死んでいるので痛みはありませんが、膿が溜まると再び激痛を伴います。
治療法:ここまでくると抜歯を選択するケースが大半です。抜歯後の選択肢としては入れ歯やインプラントがあります。

根管治療

根管治療とは

根管治療とは、神経にまでおよんでしまった重度の虫歯を食い止めるために行なう治療です。虫歯菌に感染してしまった神経を除去して患部を消毒したあと、薬剤を埋め込み蓋をして、被せ物を装着します。治療が遅れると細菌感染によって神経が腐り、抜歯となることもあります。そのため、根管治療は健康な歯を残すために非常に重要な治療だと言えます。

マイクロスコープを用いた安心・安全な治療

根管治療が成功しないと、その後どんなに優れた被せ物を装着しても、遠くない将来にだめになってしまいます。しかし根管は非常に細かく、肉眼では正確に把握しづらい構造をしており、従来は歯科医師の経験と勘に頼った治療が主流でした。このため治療の成功率は決して高くなく、再発も珍しいことではなかったのです。

そこで当院は、安心・安全な根管治療を行なうためにマイクロスコープを導入しております。これは肉眼の3~20倍の倍率で患部を確認できる医療機器です。肉眼では確認できなかった根管の形状もしっかり把握できるため、精度の高い根管治療が行なえます。

歯周病治療

歯周病は「国民病」と言えるほど多くの方がかかっている病気ですが、初期は自覚症状がほとんどありません。この時点で治療しておけば、将来の大きなトラブルの芽をつむことができますが、歯周病は加齢に伴い症状が進行する傾向があり、最悪の場合は歯を失ってしまう最大の原因となる怖い病気です。歯周病は、気づいた時点で迅速に治療を行ない、進行を遅らせることが肝心なのです。

また、すでに歯周病がかなり進行した方も、治療を行なうことで症状は大幅に改善します。進行した歯周病の代表的な症状の一つは口臭です。口臭の悪化は自分にとって不快な症状であるばかりか、ビジネスやプライベートの様々な場面で会話を交わす相手にまで悪い印象を与えてしまいます。なかには口臭がコンプレックスで、他人との会話に消極的になる方もいらっしゃいます。

このように歯周病が進行している段階でも、当院で適切な治療を行なって口臭が大幅に改善した方は数多くいらっしゃいます。歯周病の症状に悩んでいらっしゃる方は、ぜひ当院までご相談下さい。

当院の歯周病治療

当院では、歯周病菌の温床となっている歯垢・歯石をきれいに取り除く基本的な治療に加え、院長が長年の診療経験から独自に導き出した効果的な治療法を実施しております。

患者さまに処方する飲み薬等を最適な組み合わせにすることで、口臭などの症状の大幅な改善が期待できます。

自己流のケアで口臭が改善しない方や、これまで効果的な治療法が見つからなかった方におすすめです。

小児歯科

当院ではお子さまの定期検診・予防指導・虫歯治療のご相談なども受け付けております。小さいころから自分の歯を大切にする習慣を身につけてあげることは、親から子どもへの最高のプレゼントです。「何でも相談できる頼れる近所の歯医者さん」としてお父さま・お母さまの疑問に丁寧にお答え致しますので、気軽に足をお運び下さい。

デンタルローン

お問い合わせはこちらから

歯周病についてのお悩みやインプラントのご相談は、お気軽に下記までご連絡ください。
お待たせしないためにも事前のご予約をおすすめしています。

  • contact_tel.png
  • 24時間受け付けております お問合わせはこちら
staff staff blog