矯正歯科できれいな歯並びに

歯並びが気になる方は、矯正歯科をご検討ください。矯正歯科とは、簡単に言うと歯並びの不正を治す治療のことです。単に見た目をきれいにするだけでなく、歯を中心とした咀嚼器官、顔の形、機能の回復も図ります。矯正治療は噛み合わせや発音、さらには全身の健康状態にも良い影響がある治療です。

矯正をするメリット・しないデメリット

メリット デメリット
  • 見た目がきれいになる
  • コンプレックスが解消できる
  • 歯ブラシが届きやすくなり虫歯や歯周病予防につながる
  • しっかり咀嚼でき消化器への負担が減る
  • 肩こりや頭痛の改善につながることがある
  • 歯ブラシが届きにくい場所ができやすく、虫歯や歯周病のリスクが高い
  • 体のゆがみや偏頭痛・肩こり・腰痛・顎関節症などの原因になることがある
  • よく噛めない場合は消化不良の原因に
  • 発音障害の原因になることがある

悪い歯並びの例

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「受け口」。食べものがうまく噛めず、発音に影響が出ることも。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) 空隙歯列(くうげきしれつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列がともに前に突き出ている状態。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり唇が傷ついたりしやすい傾向にあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間にすき間がある状態。あごに対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の本数が足りない場合に起こりやすい傾向にあります。
叢生(そうせい) 過蓋咬合(かがいこうごう)

叢生(そうせい)

歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態。あごが小さく歯がきれいに並ぶスペースが足りない、あごに対して歯が大きすぎといった場合に起こりやすい傾向にあります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

正面から下の歯が見えないくらいに上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態。深く噛みこんだ歯が歯ぐきを傷つけやすいうえに、ものが噛みづらい傾向にあります。場合によっては発音に影響が出ることも。
交叉咬合(こうさこうごう) 開咬(かいこう)

交叉咬合(こうさこうごう)

左右いずれかの奥歯または前歯が横にズレている状態。前歯の中心がズレていることが多いです。放っておくと噛む機能が低下し、顔がゆがむおそれもあります。

開咬(かいこう)

奥歯を噛み合わせたときに上下の歯にすき間ができる状態。前歯でものを噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすいです。指しゃぶりが原因となることも。
  • TO PAGE TOP

当院の矯正方法

唇側矯正

唇側矯正

歯の唇側(表側)に矯正装置を取り付ける、もっとも一般的な歯列矯正方法です。金属の矯正装置をつけるのが一般的ですが、目立ちにくいクリアーな装置やセラミック素材の装置を使用することもできます。

舌側矯正

舌側矯正

歯の舌側(裏側)に矯正装置を取り付けるタイプの歯列矯正方法です。矯正装置が裏側にあるため、矯正装置が目立つことはありません。舌側矯正によって矯正装置を意識することなく、きれいな口もとをつくることができます。

外科矯正

骨格が極端にズレている場合など、矯正装置を使用するだけでは矯正が難しいときに用いる歯列矯正方法です。従来の方法では治療が難しかった下顎前突症(受け口)などの方も治療できます。

歯並びに関することのお悩みなど、お気軽にご相談ください。03-5484-8148