IMPLANT インプラント

#Implant

インプラントで
いつまでも食事を楽しく

インプラント

虫歯や事故、歯周病など何らかの原因で歯を失ってしまった場合に行うのが、インプラント治療です。歯を失ってしまった部位のあごの骨に人工歯根を埋入し、その上から人工歯を装着して失った歯の機能を補います。
安全で確実な治療の実施はもちろん、患者さまに安心して治療を受けていただくことも重視しております。処置中の音や、振動からくる恐怖感や痛みが心配な患者さまには、ご要望に応じて麻酔医による全身麻酔を行っております。眠っている間に全ての処置が完了しますので、恐怖や痛みを感じることはありません。
また、治療への不安やインプラントのメリット・デメリット、費用のことなど、気になることは何でも遠慮なくご質問下さい。ご納得いただけるよう丁寧にご説明いたします。

もし歯を失ったら・・・

歯の機能を補う方法はいくつかありますが、患者さまの希望や予算感などに合わせて選ぶことが重要です。

  • インプラント

    外科手術こそ必要ですが、失った歯を1本単位で補えて、自身の歯のようにしっかり噛めるほど安定性が優れているのがインプラントです。被せ物にはセラミックなどがおすすめです。

  • 入れ歯

    最も古くから存在する歯を補う治療法です。
    保険と自費、留め具の有無、素材の幅が広く、症例数が多いのが特徴です。安定性や装着した感覚は若干、違和感を覚えます。

  • ブリッジ

    歯を失った箇所に橋(ブリッジ)を架けるように固定する治療法です。入れ歯よりも安定性が高いとされますが、固定するのに欠損箇所の左右の歯を削るというデメリットもあります。

インプラント治療の概要

歯を失ってしまった場合、抜けたままの状態で放置していると、噛み合わせや歯並びに悪影響を及ぼします。
歯を補う方法はいくつかありますが、他の歯への負担、安定性、審美性などを考慮し、当クリニックではインプラントを提案させていただいております。
インプラントは、顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、上部構造(人工歯)を装着する治療法のことを言います。ブリッジ・入れ歯といった従来の治療法とは違い、歯を補うだけでなく、歯根も取り戻すことが可能です。インプラントには、機能性や審美性のほか、他の歯を守るというメリットがあります。しかし、手術が必要になるなどのデメリットもあるため、事前に把握しておくことが大切です。

  • メリット

    • 見た目が自然で美しいです
    • 違和感がありません
    • 硬いものでもしっかり噛めます
    • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしません
    • 金属アレルギーの心配がほとんどありません
    • あごの骨が痩せてしまうことがありません
  • デメリット

    • 自費診療のため、保険の治療に比べると費用がかかります
    • 外科手術が必要になります
    • 全身疾患がある場合やあごの骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがあります

当クリニックのインプラント治療

ショートプラントの考案者・レノア氏に師事

当クリニックの歯科医師は、ショートインプラント治療の第一人者:フランスのDr.レノア氏から直接、その技術や知識を学んだ貴重な経験を持っています。
Dr.レノア氏はショートインプラントの発案者でもあり、歯科医療業界でも知らない人はいないくらいの世界でもトップクラスの権威です。そのため当クリニックは、7ミリ以下のショートインプラントを使った治療に自信を持っています。

経験豊富な院長がインプラント手術を担当

当クリニックのインプラント治療は院長が担当いたします。これまで約20年に渡りインプラント治療に携わっており、数多くの症例を経験して参りました。常に新しい知識・技術の習得にも努め、フランスにてインプラント治療の第一人者であるフランク・レノア氏から一流の治療技術を直接学ぶなど、患者さまにより良い治療をご提供するために研鑽を積んでおります。
最近は様々な価格・品質のインプラント体(顎の骨に埋め込む部品)が登場していますが、当クリニックでは高品質なインプラント体のみを院長自ら厳選して使用しております。複数の種類を取り揃えておりますので、お口の状態やご要望に応じてお選びいただけます。

オールオンフォーにも対応可能

オールオンフォーとは、4本のインプラントで片顎の入れ歯を固定する方法です。
特殊な技法でインプラントを埋め込む手術をしたその日に仮歯を入れて噛むことができるという大きなメリットがあります。歯科医師としては高い技術を要求されますが、しっかり噛める感覚を得られることが大きな利点です。

オールオンフォー

歯科用CTを用いて立てられた治療計画

インプラント治療は患者さまの口腔内を正確に把握できるかが成功のカギと言えます。
そのため、3次元で撮影できる歯科用CTを導入しております。従来のレントゲンでは診断できなかった細部まで確認できるので、より精密で安全なインプラント治療計画を立てることが可能になりました。

ピエゾサージェリーの使用

骨の状態により骨移植(ご自身の他の部位からの移植)をする場合、ピエゾサージェリーという機器を使用します。通常は骨切削ドリルを使用し、そのドリル振動は患者さまにとって不快に感じられるなど多くの欠点がありました。ピエゾサージェリーなら3次元超音波振動によって骨を切削できるので、不快感が少ないという特徴があります。また、繊細で正確なコントロールができるため安全で傷を少なく抑えられ、回復が早いこともメリットです。

オールオンフォーを取り入れたインプラント

インプラントと聞いて外科手術を伴うイメージがある方であれば、「お口全体をインプラントで支える」・・・というと不安で躊躇してしまうかもしれません。しかし、オールオンフォーは一番少ない方法で行けば、4本のインプラントを支えに入れ歯を固定する技法です。
そのため、少ない本数のインプラント埋入と入れ歯を併用し、しっかりとした噛み心地を手に入れられるのです。

手術完了までの速さ

オールオンフォーの大きな特徴の一つに完了までの早さです。
インプラント体の埋入手術から仮歯を装着するまでが当日中に終わらせることができるため、お時間のとりにくい方にも受けやすい術式です。そのため、直前まで今まで使用していた入れ歯などを利用し、術後に新しい入れ歯へと乗り換えることが可能です。

体力的・費用のコストを抑える

インプラントは外科種手術を伴うため、ある程度の患者さまへの体力的負担をかけてしまうことがあります。しかし、オールオンフォーの場合は、歯を大量に失っている場合も、最小限の埋入本数のインプラントで入れ歯を固定できるため、体への負担は少なくなります。
また、同様の理由で、大量に歯を失ってもインプラントだけを利用した手術よりも治療コストを抑えることが可能です。

骨が薄い症例でも対応できる

通常、インプラントを埋入して固定するには、ある程度の顎の骨に厚みが必要になります。
ところが、オールオンフォーの場合は異なります。
通常のインプラントのように骨に対してまっすぐに埋め込むのではなく、角度をつけて埋入するため、他院で「骨が薄いから・・・」と断られた方でも、噛む感覚取り戻せる可能性があります。

受診前のリスク・注意点

  • 自費診療のため、保険の治療に比べると費用がかかります
  • 外科手術が必要になります
  • 抜歯を行う可能性があります
  • 適応症例が限られているため、提案できない場合があります

インプラント治療の流れ

  1. Flow01

    検査~カウンセリング

    まず、インプラントについてメリット・デメリットを丁寧に説明します。そのうえで、治療に進む意思を示された場合は検査工程に進みます。

  2. Flow02

    検査・治療計画提案

    治療の前に歯科用CTなどを用いた検査を行います。
    検査結果を踏まえて綿密な治療計画を立てます。不安な点や疑問は遠慮なくご質問下さい。

  3. Flow03

    人工歯根の埋入

    局部麻酔のもと、あごの骨にチタン製の人工歯根を挿入します。この人工歯根が新しい歯の土台となります。

  4. Flow04

    治癒期間

    人工歯根と骨が結合し安定するまで8~24週間待ちます(期間は骨の状態など様々な条件によって異なります)。

  5. Flow05

    人工歯の装着

    人工歯根が完全にあごの骨と結合したら、アバットメント(人工の歯とインプラントを結合するもの)を装着します。

  6. Flow06

    人工歯の装着

    人工歯を製作し、医療用セメントを用いてアバットメントに人工歯を装着して噛み合わせのチェックなどを行います。

  7. Flow07

    メインテナンス

    人工歯を装着したらインプラント治療は終了となりますが、長持ちさせるためにはメインテナンスが必要です。

インプラント後のメインテナンス

インプラントは、治療が終わった後も定期的にメインテナンスを受けていただくことを必須としています。治療後に適切なケアを行っていないと歯周病のような状態になり、最悪の場合インプラントを維持できなくなることもあるからです。インプラントは、セルフケアの仕方でも天然歯とは違う点があります。
そのため当クリニックは、歯磨きの仕方やデンタルフロスの使い方などを含めて、日常行うべきケアを丁寧に指導いたします。

ページトップへ